2021-04-13

ロゴ

両親が二人とも存命で健在である。

父の大納言は亡くなりて 母北の方なむいにしへの人のよしあるにて 親うち

2021-04-13

ロゴ

建物と建物をつなぐ取り外し可能な橋。

参う上りたまふにも あまりうちしきる折々は 打橋渡殿のここかしこの

2021-04-13

ロゴ

母君が帝を責めるその矛先を切り返す。地の文で、語り手のナレーション。

我が御心ながら あながちに人目おど

2021-04-19

ロゴ

「うち」とあるので、つい口に出た。「言ふかひなしや」の部分がついため息交じりに口をついたのであろう。

2021-01-11

ロゴ

気を許さない。「いとをかしううちとけぬ」はアンビバレントな(相反する感情が同居する)感情である。

御方々も隠れた ...