あまりおそろしきまでごらんず 01-113

2021-01-11

光の君が六歳で参内した際の印象、「いとどこの世のものならず清らにおよすげたまへれば、いとゆゆしう思したり(これまでにもまして、この世のものならず、輝きを放つばかりの美しさにご成長あそばされているので、帝はひどく不吉な感じをお抱きになられた)/01-107」と響き合う表現。出る杭は打たれる。帝は若宮の将来を不安に思われたのだ。


七つになりたまへば 読書始めなどせさせたまひて 世に知らず聡う賢くおはすれば あまり恐ろしきまで御覧ず

七歳におなりなので、読書初めなどをおさせになったところ、世に類なく聡明で並外れた知力をお持ちなので、帝はあまりなことに空恐ろしいとまで御覧になった。

Posted by 管理者