いとねむごろにきこえさせたまふ 01-130

2021-04-13

「ねむごろに聞こえさせたまひけり/01-128」にもあった。三度あれば三顧の礼となるが、続く文では後見たちの勧めという形をとる。


心細きさまにておはしますに ただわが女皇女たちの同じ列に思ひきこえむ といとねむごろに聞こえさせたまふ

四の宮が心細い気持ちでいらっしゃったところ、「ただわたしの娘たちと同じ皇女の列に加わらせていただきたくて」と帝は大層心を込めてお誘いになる。

Posted by 管理者