おんやすみどころ 01-150

2021-01-11

清涼殿の殿上の間の南の下侍(しもさぶらい)があてられた。


かうぶりしたまひて 御休所にまかでたまひて 御衣奉り替へて 下りて拝したてまつりたまふさまに 皆人涙落としたまふ

若宮は加冠の儀を終えられ休息所にお下がりになり、お召し替えをすませて庭に降り帝にお礼の拝舞をなされるお姿に、皆ひと涙をお流しになった。

Posted by 管理者