おもふやうならむひと 01-182

2021-01-11

藤壺みたいな人。藤壺でなくてもよい点に注意したい。紫の上などが想定されているだけでなく、藤壺への愛は実を結ばないものであり、そのゆかりを追い求めるのが、源氏物語の構造になっている。


かかる所に思ふやうならむ人を据ゑて 住まばやとのみ 嘆かしう思しわたる

こうした所に思い通りの人を囲って住みたいものだと、源氏の君はそればかり悲痛に思いつづけになるのでした。

Posted by 管理者