をや 02-064

2021-01-13

「もてつけつべきわざをや」は後にかかる語句がないので、文末と考える。間投助詞「を」+間投助詞「や」は、文末で詠嘆を表す。


あまりのゆゑよし心ばせうち添へたらむをばよろこびに思ひ すこし後れたる方あらむをもあながちに求め加へじ うしろやすくのどけき所だに強くは うはべの情けはおのづからもてつけつべきわざをや

(頭中将)そのほかの生まれや育ち気立てのよさが備わっているならもっけの幸いと思い、すこし至らないところがあろうと無理な要求を加えたりしない。信頼がおけておっとりしたところさえ目立ってあれば、表面的なやさしさなどは自然と身につけてしまえるものですからね。

ヴァリエーション:
をや

Posted by 管理者