とおぼゆるをりから 02-183 [とおぼゆる折から]

2021-01-14

ついついそんな風に思われる時があるので。「おぼゆる」は自発。「から」は原因。


よろづのことに などかは さても とおぼゆる折から 時々 思ひわかぬばかりの心にては よしばみ情け立たざらむなむ目やすかるべき

何事でもどうしてそんなことをそのままでよいのにとつい思えることが多い今日この頃ですから、時々の状況を見分けられぬ程度の頭では、気取ったり思わせぶったりはしない方が見よいでしょう。

Posted by 管理者