2021-04-24

01kiritsubo
原文 読み 意味

朝夕の宮仕へにつけても 人の心をのみ動かし恨みを負ふ積もりにやありけむ いと篤しくなりゆきもの心細げに里がち ...

2021-04-18

01kiritsubo
原文 読み 意味

一の皇子は 右大臣の女御の御腹にて寄せ重く 疑ひなき儲の君と世にもてかしづききこゆれど この御にほひには並び ...

2021-04-18

01kiritsubo
原文 読み 意味

ほど経るままに せむ方なう悲しう思さるるに 御方がたの御宿直なども絶えてしたまはず ただ涙にひちて明かし暮ら ...

2021-04-18

01kiritsubo
原文 読み 意味

御盃のついでに
 いときなき初元結ひに 長き世を 契る心は 結びこめつや
御心ばへありて お ...

2021-04-30

02hahakigi
原文 読み 意味

片端づつ見るに かくさまざまなる物どもこそはべりけれとて 心あてに それかかれかなど問ふなかに 言ひ当つるも ...